私たちの仲間達
代表・鷲尾から学び
磨きぬいたセンスと知識と身のこなし
フォード栃木 店長 藤江達也(拓殖大学卒)
藤江店長

代表との出会いのきっかけは就職活動時にたまた
ま見たホームページでした。 そこには1ヶ月間の
営業インターンシップの文字、しかも代表が直々
に教えてくれる。当時、営業という職業に苦手意識を持っていた私は思い切って参加をしました。
初めて商談に同行した時の衝撃は今でも忘れることが出来ません。何気ない会話も、冗談も、声の張り方も、立ち居振る舞いも…全てにおいて無駄のない成約までの逆算された アプローチ技術。最後は笑顔で「これでお願いいたします」とお客様の方からお願いされ契約成立。驚きを通り越して”ドーン”と雷に打たれた様な衝撃でした。 それまで私は、お客様との信頼関係の構築には時間や環境が必要だと思い込んでいました。しかし、一番大切なことは時間や環境ではなく【プロとしての人間性】であり、 代表との人間関係の差をまざまざと痛感させられた出来事でした。その経験から私は車という【物】を売るのではなく、藤江という【人格】を売るように心掛けています。
私達の仕事は、お客様との信頼関係を築かなければ成り立ちません。 口先だけの営業トークや自分本位の押し込み営業では必ずお客様に伝わってしまい、信頼関係を築くことはおろか嫌われてしまいます。営業として一番大切な事はやはり【人間性】 であり【考え方】なんだということを日々実感しています。
代表から勧められ愛用している手帳には中村天風氏の金言が記されています。必ず一日の初めに読み、困難や逆境にぶつかった時に思い出すようにしています。
ご成約後にお客様と握手をするというのは私のこだわりの一つです。自動車の営業は売って終わりではなく、ご納車させていただいた時からが本当の意味でのスタートです。 ご成約後に握手をさせていただく際は「ご成約ありがとうございます」だけでなく「これから一生涯のお付き合いをよろしくお願いいたします」との強い思い、その気持ちを お客様へお伝えしています。
今後は私が受け取った【鷲尾スタイル】というバトンを部下に引き継ぎ、いつかは【藤江スタイル】と真似されるようになることが夢です。

企業を裏側から支える「縁の下の力持ち」
アウディ西東京 (早稲田大学卒)
後藤

管理本部で企業の未来を担う「人財」の採用関連の
業務や、ショールームでの接客業務、売上台数及び
利益管理、または営業担当者が車を売ることに専念
するためのサポートや お客様に感動していただける
お店づくりなど…多岐にわたり業務を行っています。いわば企業の【縁の下の力持ち】といったところでしょうか。
入社まもなくして、責任の大きな仕事を任せていただけたことは嬉しい半面、不慣れな業務に思い悩み、プレッシャーに押しつぶされそうになることもあります。 昨日の自分より今日の自分の成長を実感できた時、それがひとつずつ自信へと変わっていく…毎日がめまぐるしく過ぎていく中で、最も大変だった事は、会社説明会での司会進行や ビジョン、事業内容の説明です。私は人前で話すことに苦手意識を持っていましたので、不安ばかりが先行してしまいましたが、「自分を変えるチャンス」だと考え方を 変えました。原稿を考え、繰り返し練習を行い、いよいよ本番。終了後、上司から「良かったよ!」と握手をしていただいた際の達成感は今でも鮮明に覚えています。
営業担当のように直接【稼ぐ】仕事ではないので、結果は目に見えにくいのですが、お客様からの「ありがとう」、社員からの「いつも助かるよ」という言葉はやりがいに つながっています。
ご納車して1ヶ月ほど経った頃、お客様から「よくしていただいたから…嬉しかったわ」と綺麗なレースの編み物をいただいたことがありました。 私のために数日かけて編んでくださったとお聞きした時は、感動で胸がいっぱいになりました。
また、お子様とご一緒にご来店されるお客様がゆっくりとお車をご覧いただけるように、お子様のお相手をすることもあります。後日「この子がアウディのおねえちゃんの所に 行きたいというからまたお邪魔しちゃったわ」と再度ご来店いただき、そしてご成約をいただいた際は、お客様のお車選びに貢献できたという確かな実感がありました。
ご納車後もお子様の成長を感じたり、免許を取得して当社からお車をご購入いただいたり、ご結婚後にお子様と一緒にご来店されたり、 そんな【車を通じて一生涯のお付き合い】をさせていただくことが、私の夢です。

成長の実感からくるモチベーション
アウディ西東京 メカニック 元村玄(九州工業技術専門学校卒)
元村

私はメカニックとして車の故障や不具合を治す整備
作業を行う傍らで、お客様と対面して整備の内容を
ご説明するサービスフロントの業務にも携わってい
ます。 今はまだ覚える事の方が多く、自分のために
仕事をしている感覚がありますが、続けてゆく中で知識やスキルを向上させ社会の中で人と接するための礼儀や 感覚を養ってゆく。それが将来的には人を助け、笑顔に繋がってゆくと信じて日々の業務に励んでおります。
業務に携わる中で、難しいことや大変さ感じることも多々あります。整備作業では輸入車特有の特殊な昨日や機構を覚えることもそうですが、特にフロント業務では、 故障者の整備受付、故障診断、お見積りの掲示、部品の発注、そしてお客様へのご説明…いわばお客様と整備士の橋渡し的な役割を担っております。整備知識や技術だけではなく 【人間力】が求められ、私の対応が会社のイメージを左右ともいえるでしょう。その責任はやりがいへと繋がっています。
ご納車後、お客様がご自宅に帰られてご家族にも説明できるような伝え方を心掛けています。そのためには、自分が知識をしっかり身に付けておかなければなりませんし、 その知識をお客様がイメージしやすく、わかりやくす説明するスキルも必要になってきます。 その力は人から教えてもらえるものではなく、実際の業務を通じて、成功や失敗から学んでいくしかありません。当社なら沢山のチャンスを与えてもらえるので、 他では出来ない「豊富な経験と時間」を得ることで、急成長することができます。
確かな成長を実感できるからもっと成長したい、もっと大きな仕事をしてみたいというモチベーションにつながってゆく。それが今、私にとっての働くやりがいになっています。

私たちと共に歩もう!
リクルーティングマネジャー 毎熊英治(明治大学卒)
毎熊

私はグループの採用担当として、皆さんと最も顔を
合わせることになります。皆さんがこれから様々な
企業を受けていくとしても「私達との出会いを心に
刻み込んでほしい」 そんな思いでこの職務について
います。
さて、皆さんは「共に歩む」という言葉を聞いてどのような印象をもつでしょうか。それは日々の生活や仕事において重要な気付きを与えてくれます。 人は、一人で生きていくことは出来ません。同じく組織は経営陣だけで存続していくことは出来ないのです。私のミッションは、自動車業界を共に変革していくメンバー、 つまり共に歩む仲間を見つけ出すこと。未開の地を進む苦楽をともにする仲間、同じバスに乗る仲間を見つけるということに全力を注いでいます。
もちろん採用活動において苦労することも多々あります。学生の皆さんが考えている「社会」と現実の「社会」との間には大きな違いがあり、その理想と現実のギャップに 耐えきれずにドロップアウトしてしまう新社会人の方が多いと聞きます。これはあまりに短絡的な判断で、悲しいことです。
私たちは「企業が学生をただ見定める採用」より、「企業と学生が共に歩む採用」を目指していく。まさに私たちにしか出来ない採用、やりがいです。
皆さんと共に歩めることを、心より楽しみにしております。

ビジョナグループ採用サイト
営業という職種とは。
貴方と共に創っていきたい We love cars

© 2017 Visiona Group